INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
黒蝶のサイケデリカ Review

 

2015年にオトメイトから発売された黒蝶のサイケデリカをクリアしました。

発売当時に何人か攻略したまま2年間も放置していたので、既読スキップを極力使わずに読み進めました。真相を知っているからこそ分かる行間や伏線も多くて、間隔をあけての再プレイもなかなか楽しかったです。

 

 

記憶喪失、洋館、黒蝶…様々なキーワードで彩られた物語、その本質は泥臭い人間ドラマでした。

人物描写に優れていて、登場人物の言動や行動がちゃんと線で繋がってるから、彼らの選択する結末が万華鏡のように変化しても説得力があります。正直、これだけでも嬉しくなってしまう。

また、主人公の紅百合にもボイスがあり、ひとりのキャラクターとして物語に存在しています。

主人公=プレイヤーという感覚が薄いからこそ、各キャラクターの内面に深く潜ることが出来たような満足感が生まれたように思います。

 

だけどこれって、遊び終わった今だからこそこう言えるんですよね…。

購入前の検討段階で目立つのはサスペンスっぽさ。ここを期待して購入すると肩透かしかな。

サスペンスとしては途中でなんとなく展開が読めてしまう仕様で、劇的な展開もあるものの、プレイヤーによっては想定内の流れで退屈になるかもしれません。

しかも個別ルートがちょっと短いんですよね、特に結末があっさりなので読後感は弱い。

私自身、せっかくだからもっと踏み込んだ展開が見たかったという願いが芽生えてしまいました。

 

そしてフローチャート形式で本編とサブシナリオを神経質さを感じるほどに分離しており、サブシナリオを読む為のひと手間が増えたせいで、没入感が奪われていることが致命的。これがとてもとても辛かった!

解放可能のタイミングすらプレイヤーが確認せねばいけない不親切さなのに、本編を進める上で重要な話も混ざったりしますからね…。ミニゲーム以上にとにかくストレスでした…。

 

 

もったいないと感じる部分も多いものの、黒蝶のサイケデリカはお気に入りの作品です。

声優さんの真に迫る熱演はシリアスシナリオならではと思うし、結賀さとるさんの描くイラストも、大胆かつ繊細な色使いと構図でとても美しかった。

そして、ちゃんと乙女ゲームとしての甘さもありました。でも人によっては微糖どころか無糖に感じるかもしれない。

ちなみに私はとんでもなく萌えましたw

 

個人的にですが、オトメイトさんは萌えを重視する印象があります。だけど、たまに毛色の違った作品もちゃんと出してくれて、それが自分にガツンとはまることが多いので今回は本当に嬉しかったです。シリーズ物の灰鷹のサイケデリカもプレイしてみようと思います。

 

この路線、アリですよ!もっとお願いします、オトメイトさん!

 

Read moreRead more arrow
comments(0)
ペルソナ4 ダンシング・オールナイト Review

 

ペルソナ4 ダンシング・オールナイトのプラチナトロフィーを獲得しました。

発売当時、早く音ゲーがやりたくてストーリーモードの前にフリープレイを勤しんだ結果、あきらかにラスボスステージ&ラスボス演出みたいな曲にたどり着いてしまったあの絶望。あれからもう2年経とうとしてるんですね(遠いまなざし)。

プレイヤーのネタバレに厳しいアトラスさんはプレイヤーへのネタバレにはうっかりしているのでしょうか。

これからP4Dを遊ぶという人がこのレビューを読む確率は低そうですが、それでも私は伝えたい。

 

 

フリープレイはほどほどにしてさっさとストーリーを終わらせよう、と!!

 

 

はい!一番言いたいことは言った!感想終わりっ!

と、早々に締めようかなと思いましたが、せっかく重い腰をあげてPCを起動しましたので続きもちょっとだけ書きます。

Read moreRead more arrow
comments(0)
CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu! Review

 

のんびりとCHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!クリア。科学ADVシリーズの一作目、CHAOS;HEADのファンディスク的な作品です。

 

PSP、VITAと経て、何度も書こうと試みたものの、上手くまとめられる自信がなくて、結局挫折したままのCHAOS;HEADレビュー。

では、なぜFDであるこちらのレビューを書こうと思ったのかと言うと、「意外とプレイしてる人少ないかも」となんとなーく感じたから。

 

公式サイトもピンク一色で、ラブに振り切れましたと言わんばかりにギャルゲ然とした本作を、遠慮したり、買っても二の次にしたり人多そうだなーと・・・まぁ、後者は私のことなのですが!

 

 

基本は見た目通り、ラブとエロあり、本編の凄惨さを忘れてしまいそうなほどテンション高めのストーリーです。

しかし、それだけではなくて、CHAOS;HEADでは描ききれなかったヒロインたちの掘り下げと補完もしっかりされています。

 

個人的に感慨深かったのはタクが成長していたこと。

プレイヤーが呆れるどころか見放してもなお、逃げ続けていたあのタクが、らぶChuChuでは及び腰ながらも三次元と向き合う努力をしているだけで、胸が熱くなりました。

「タクの妄想の中で繰り広げられるストーリー」というところにも意味があり、ファンディスクというよりも正統続編のように感じました。

 

ひとつ難点を挙げるとするなら、個別ルートの流れが同じで、一部のシーンではスキップを使ってしまったこと。特に個別中盤でタクへ投げかけられる疑問がほぼ同じ台詞で構成されていたのは、仕方ないと思いつつも何度も聞かされると退屈でしたね。

同じく誰のルートにもある星来との対峙シーンは、本編でヒントを得たであろう戦術を使う子がいたりと、ヒロインの個性がよく現れた戦いが面白かったです。

 

周回プレイにほんの少しだけ難はありますが、ニュージェネ事件とサードメルトという悲惨な体験を乗り越えた、タクとヒロインたちの成長、未来へ繋がるストーリーですので、CHAOS;HEADの世界に触れた方にはぜひプレイしてみて欲しい作品です。

 

 

個別ルートの踏み込んだ感想は以下から。

 

 

Read moreRead more arrow
comments(0)