INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu! Review

 

のんびりとCHAOS;HEAD らぶChu☆Chu!クリア。科学ADVシリーズの一作目、CHAOS;HEADのファンディスク的な作品です。

 

PSP、VITAと経て、何度も書こうと試みたものの、上手くまとめられる自信がなくて、結局挫折したままのCHAOS;HEADレビュー。

では、なぜFDであるこちらのレビューを書こうと思ったのかと言うと、「意外とプレイしてる人少ないかも」となんとなーく感じたから。

 

公式サイトもピンク一色で、ラブに振り切れましたと言わんばかりにギャルゲ然とした本作を、遠慮したり、買っても二の次にしたり人多そうだなーと・・・まぁ、後者は私のことなのですが!

 

 

基本は見た目通り、ラブとエロあり、本編の凄惨さを忘れてしまいそうなほどテンション高めのストーリーです。

しかし、それだけではなくて、CHAOS;HEADでは描ききれなかったヒロインたちの掘り下げと補完もしっかりされています。

 

個人的に感慨深かったのはタクが成長していたこと。

プレイヤーが呆れるどころか見放してもなお、逃げ続けていたあのタクが、らぶChuChuでは及び腰ながらも三次元と向き合う努力をしているだけで、胸が熱くなりました。

「タクの妄想の中で繰り広げられるストーリー」というところにも意味があり、ファンディスクというよりも正統続編のように感じました。

 

ひとつ難点を挙げるとするなら、個別ルートの流れが同じで、一部のシーンではスキップを使ってしまったこと。特に個別中盤でタクへ投げかけられる疑問がほぼ同じ台詞で構成されていたのは、仕方ないと思いつつも何度も聞かされると退屈でしたね。

同じく誰のルートにもある星来との対峙シーンは、本編でヒントを得たであろう戦術を使う子がいたりと、ヒロインの個性がよく現れた戦いが面白かったです。

 

周回プレイにほんの少しだけ難はありますが、ニュージェネ事件とサードメルトという悲惨な体験を乗り越えた、タクとヒロインたちの成長、未来へ繋がるストーリーですので、CHAOS;HEADの世界に触れた方にはぜひプレイしてみて欲しい作品です。

 

 

個別ルートの踏み込んだ感想は以下から。

 

 

Read moreRead more arrow
comments(0)
FINAL FANTASY 将后Chapter 3-1

 

ダスカ地方は恐ろしいところだ。

 

パーキングから車に乗り込んだ瞬間、飛び出してきたチーター系モンスターの群れにボコられてしまいました。しかも攻撃するだけして森へ帰って行ったからね…。華麗なるヒット&アウェイ。とんだサファリパークに来てしまいました。

 

プロンプトの写真で振り返るFF15プレイ日記、今回はChapter 3からスタートです。

ネタバレご注意。

 

 

 

Read moreRead more arrow
comments(0)
FINAL FANTASY 将后Chapter 2

 

雨が荒野を濡らした日。

 

 

プロンプトの写真とお届けするFF15プレイ日記、今回はChapter 2でございます。

手元の写真を改めて見ると、このチャプターを写したものがほとんど残ってないっ!

ストーリーの続きが気になって一気にクリアしたからだと思いますが、いつも以上にガッカリ仕様です。

写真は残ってないけど文章ではネタバレしてますのでご注意くだされ。

 

 

Read moreRead more arrow
comments(0)