INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
2013年乙女生活まとめ


冬の元気なご挨拶!今年もまとめの季節がやってまいりました。

今年のロゴは進撃の巨人風にしてみました。
attack on tower of guilt.といった感じでね、積みゲータワーに進撃を試みた一年だったですし。

・・・ええ、嘘ですけども!
積みゲを崩すどころか、今年一年でめっちゃ積み上がってるんですけど…!?

今年を振り返ってみると、一年通して外にいる時間が長くてゲームを遊ぶ時間が少なかったように思います。
それなのに楽しみにしていた作品は発売日に届くように予約してしまって、結局追いつかずに罪の塔が聳え立つ始末。わたくしという人間は欲張りでございますね!

それでは、2013年に遊んだ乙女ゲームを作品別で振り返ってみましょう。





今年から、フルコンプしたゲームの一言感想&総評に変更しました。新旧作ごちゃまぜ。
感想はプレイ順です。その作品の最萌キャラのバナーを貼っております。
過去二年の感想はこちら↓
 ・2011.12.22 2011年乙女生活まとめ
 ・2012.12.29 2012年乙女生活まとめ





 絶対迷宮グリム - 七つの鍵と楽園の乙女 - DC版

 Windows
 2011年7月22日発売
 お気に入りキャラクター : ルートヴィッヒ・グリム

2013.2.4 絶対迷宮グリム DC版 Review
可愛いキャラクターと童話に準えたシナリオ。
陽気さとゴシックダークが混った音楽に誘われて、どっぷりグリムの世界にはまっておりました。
ヘンリエッタたちの冒険は、喜怒哀楽がぎゅーっと詰まっていて、みんなの会話で和んだり爆笑したり、ぶっとんだシナリオに絶叫して、涙を流し…と、夜な夜なPCの前で百面相をしていた思い出。
あとね、ルーイ。そうルーイの見た目が本当に美しくて好みで。立ち絵だけで悶えてたり!
恋愛色は薄めですが、キャラクターたちがわいわいしてるゲームが好きな私には楽しい時間でした。




 Desert Kingdom Portable

 PlayStation Portable
 2013年2月21日発売
 お気に入りキャラクター : シャロン

2011.5.27 デザートキングダムへようこそ!
2011.5.29 Desert Kingdom Review 1
2011.6.30 Desert Kingdom Review 2 (いずれもPS2版の感想)
大好きなゲーム、デザートキングダムのPSP移植版。ものすっごく嬉しかった!
二年と経たずに再プレイとなったのですが、あっと言う間にフルコンプしてしまいましたね。
私がDKを好きなのは、物語やキャラクターの面白さとかシリアスと甘さの絶妙なバランスとか、挙げたい要素は沢山あるのですが、私がDKを好きなのは(二回目)、前向きに泣かせてくれるところです。
勿論、悲しくて泣いちゃったりもするんですけど、ほとんどは「良かったねー!」「頑張ったねー!」って泣いている自分がいて、涙流してるのに元気になれるんですよね。自分の気持ちを引き上げてくれる大切な作品です。




 夏空のモノローグ Portable

 PlayStation Portable
 2013年3月20日発売
 お気に入りキャラクター : 沢野井 宗介、加賀 陽

いやぁ、もう泣いたね。それはもう泣いた。ただでさえゲームに対してだけは緩みきってしまう我が涙腺が、夏空では決壊を起こしてしまいました。ティッシュの山が出来てたもんなぁ。
高校生の物語ですが、この作品で語られる"明日への不安"は人生において誰もが訪れる可能性のある未来。
だからこそ、苦しみ悲しみながら悩んで悩んで答えを出し、最後には笑顔で明日へと踏み出したみんなの強くあろうとする姿に胸を打たれました。
誰が遊んでも感じるものがある。けれど年齢を重ねるほど染み入る作品なのではないかなと思いマス。
続きが気になり急いて遊んでしまったので、いつかの夏にもう一度、今度はゆっくり読みたいな。




 OZMAFIA!!

 Windows
 2013年6月28日
 お気に入りキャラクター : スカーレット、シーザー

2013.7.14 Stars Review Side:OZ
2013.7.20 Stars Review Side:Grimm+
2013.8.4  Stars Review Side:Wolfgang+
2013年遊んだ童話モチーフゲーム第2弾。
凄まじいほどの萌えと、心に残る爪あとを残してくれた良い意味でも悪い意味でも印象深い作品です。
今時珍しいパートボイスが気にならないほどに、スカーレットとシーザーさんに頭をやられました!特にシーザーさんは本当に大好きで、時間があれば彼のルートばかりぐるぐるしていた気がする。
各ルート最低二週して、フルコンプまでしなければ全てを把握出来ない不親切な仕様だし、全部見ても謎が残る部分もあり、正直完成度は低いのです。ですが!キャラ萌え、会話の軽快さはダメな点を踏まえてもチャラに出来るほどはまったゲームでございます。今後の展開も楽しみにしてます!




 しらつゆの怪

 PlayStation Portable
 2013年8月1日発売
 お気に入りキャラクター : (強いて挙げるなら)三谷 湊巳

「しらつゆの怪」とは、物語における全ての事象に何一つ意味を見出せない唯一無二の存在である。

攻略キャラが最初からみんな仲良しの作品って案外少ないと思うのですよ。
だから、怪なんていっそのこと捨ててしまって、「真夏のしらつゆ学園(怪談もあるよ!)」くらいのノリでね、私は満足出来たのですが…!(このタイトルだったら買わなかっただろうけども)
しかしながら、しらつゆフルコンプ前後では、乙女ゲームに対する考え方が大きく変わったという収穫もありました。どう変わったのかと言うと、シナリオ厨である私が「しらつゆと比べたら…ハハッ!」と多少の粗を笑い飛ばせるようになったのです!この劇的な変化により、ゲームを遊ぶ上でのストレスが随分減ったので、しらつゆさんには感謝しております。(大変失礼なことを言っているのだけど、これ位言わないとやってられない)




 アルカナ・ファミリア 幽霊船の魔術師

 PlayStation Portable
 2012年6月21日発売
 お気に入りキャラクター : ルカ、デビト、リベルタ、アッシュ

2013.11.9 幽霊船の魔術師 Review
好きキャラ多過ぎぃ!新しいゲームが出るたびに私を翻弄する罪な作品です。
アルカナファミリアはシリーズ通して、親子や家族、そして他者との繋がりについて描き続けてますよね。
正直、製作者側の伝えたいことは丁寧に描ききれておらず、言葉足らずシーン足らずな点も多々ありますし、キャラクターの境遇は重い。それでも全体を見渡せば温かい気持ちになれるのでとても好きです。
幽霊船は新キャラのアッシュくんが期待以上に素敵な男の子でしたし、一作目では語られなかったみんなの過去が掘り下げられていたり、心情をより深く知ることが出来たので個人的には充実しておりました。
手元にフェスレガと2がありますので、来年もまだまだアルカナで楽しめそうです!




 Starry☆Sky 〜in Spring〜 Portable

 PlayStation Portable
 2010年6月24日発売
 お気に入りキャラクター : 七海 哉太

2013.11.25 in Spring Review
初回攻略時に心が折れそうだったのも今では良い思い出でございます。
学生生活・青春・そして恋愛。キラッキラした要素が全部詰まっていて、ベタなシチュエーションばかり。
精神に異常をきたすような問題もない、勿論誰も死なない。そう、スタスカ春は健全なのです!
ストーリーがちょっと雑なのも相まって、最初は投げ出しそうになってたんですが、一周目より二周目、二周目より三周目…とぐるぐるする度にはまっていきましたね。
自分に向いていないタイプのゲームだと思い込んでおりましたが、勇気出して買って良かった!
シリーズ全部やってみて、誰が一番好きになるかなーと楽しみにしつつ、来年は夏をやってみます。




 神さまと恋ゴコロ

 PlayStation Portable
 2012年5月31日発売
 お気に入りキャラクター : 如月 征都

2013.12.26 神さまと恋ゴコロ Review
予想していたテーマと違ったし、フルコンプを目指すなら攻略が面倒で手のかかる子でした。
時間がかかったけど最後まで楽しめたのは、優しい物語だったからかな。
総評記事には書きませんでしたが、SLGとしては作りが甘かった。TAKUYOさんは丁寧に作品を作っているメーカーさんだと思っていたので少し意外でした。これがSLGでなかったら、とまでは言いませんが遊んでいる間中ストレスを感じていたのは確かなので、システム周りがしっかりしていたらもっと楽しめたんじゃないかなーと残念に思ってしまいます。
それと、個人的に音楽がツボでした!主題歌なんて未だによく聴きますし、BGMは地味ですが耳馴染みが良いので寝る前なんかにもってこいで、音楽たちとはこれからも長い付き合いになりそう。





2013年乙女生活 総括


まぁまぁ。一年を締める前に現時点の乙女ゲーム状況を並べてみようじゃありませんか!
(震える指先でキーボードを叩きながら)


<鋭意攻略中>
剣が君

<一名以上クリア済み>
BEYOND THE FUTURE - FIX THE TIME ARROWS -
VitaminZ Graduation
月影の鎖 - 錯乱パラノイア -
アルカナ・ファミリア フェスタ・レガーロ
アルカナ・ファミリア2

<起動するも初回クリア前に放置>
AMNESIA CROWD
Starry☆Sky in Summer Portable
VitaminR

<そもそも起動すらしていない>
ネオアンジェリーク Special
Lucian Bee's RESURRECTION SUPERNOVA
風色サーフ
断罪のマリア Complete Edition
月影の鎖 - 狂爛モラトリアム -






イロニハ、ゲームの神様に今すぐ謝ろう。

いや、ちょっと待ってなんでこんなことになってんの!?
とか言えない!私分かってるんだもん!今年、乙女ゲーム16本買ったって…。
今年フルコンプした作品は全部で8本なので、半分積んだことになるのですね。信じられない。

といっても昨年4本しかフルコンプしていないので、時間がない時間がないと嘆いていた割に、ここ数年で一番乙女ゲームに勤しんだことになるんですよ。ということはつまり、買いすぎ。
欲しいゲームを購入することで一度満足してしまう典型的なダメ社会人ゲーマーイロニハ。うぅ。
8本中6本は感想をちゃんと書いているので、フルコンプ頑張った点も含めてここは褒めてあげたい。


さて、来年を踏まえての2013年総括。
私は一度遊びだしたらがっつり浸りたいタイプなので、予定と予定の間に〜とか他の事をしながら〜とかでゲーム出来ないんですよね。今年はまとまった時間をゲームに注げないことが多く、時間はあっても考えるべき問題があって遊ぶ気分じゃなかったり、と趣味に向かない一年でした。

では、来年はどうなのか。想像しうる限りでは「やる気があるけど時間はない」一年になりそう。
このままのペースで遊び続けると更に塔は積みあがり、罪悪感も増すばかり!
ということで来年は、吟味と我慢を心がけようと思います!
せっかく遊んだのにレビューが書けなかったりするのは、ちゃんとゲームを楽しめていないような気がして心苦しかったんですよね。
なので、2014年は積みゲームを崩しながら、新作にも少し手を出しつつ、一本一本をじっくり味わっていこうと思います!



comments(2)
<< 神さまと恋ゴコロ Review | main | 剣が君 感想 螢 >>
COMMENT
(;゚д゚)ェ…
マリアを是非おすすめです!!
2014年あまり期待してるゲームがないけど、一応買ったゲームあるから、自分がプレイしないと金の無駄遣いになるから、イラットしてフルコンプするんだwww
Hinano (2014/01/01 2:07 AM)
今年は私好みのゲームがまだないので、積んでるゲームを崩すチャンス!
早くマリアやりたかったんですが、時間かかりそうで寝かせてましたw
ひなのさんの言う通り積むとお金の無駄遣いになるので頑張ります!

2014年もよろしくお願いします♪
イロ (2014/01/01 5:00 AM)