INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
FINAL FANTASY 将后Chapter 1-1

 

久しぶりに編集画面へログインすると、書きかけのゲームレビューが大量に放置されていました…。

もう内容は記憶の彼方へ行ってしまったので見なかったことにしてこれを書き始めることにします。

 

さて約2年ぶりにブログを更新しているのはFINAL FANTASY 将のプレイ日記を書きたくなったからです。

ヴェルサスの発表から何年経ちましたっけ。出ましたね。出たら買っちゃいますよね!

 

積極的に情報を仕入れておらず「ホストっぽいお兄さんたちが高級車を乗り回す今どきのファンタジー」という偏った先入観しかないままで、全く期待せずに購入したのですが、いざ遊んでみると止めどきを見失うほど面白い!!!

主人公ノクティスや仲間と過ごす日々をストーリーそっちのけで満喫しています。パーティメンバーのプロンプトが写真を撮ってくれるというのがまた楽しさを添えてくれて良いんですよ。

 

折角だし、プロンプトの撮った写真を中心としたプレイ日記を書いてみようと思います。

今回はChapter 1のガーディナ渡船場入りするまで。

最初のほうの写真はあまり残っていないので画像は少なめ。ネタバレにご注意ください。

 

 

 

 

Chapter 1 旅立ち

 

超美麗なオープニングからの最初の操作がR2での車押しという想像の斜め下な始まり。

ノクティス王子自身の結婚式への旅らしいけどバックに流れる「STAND BY ME」も相まって、独身最後の友だち旅行のような暢気さを感じます。炎天下の荒野、一番楽そうな運転席でハンドルを握る役目をイグニスが担ってるのがまた、気の置けない関係を表していて面白い。

 

 

 

最初の拠点、ハンマーヘッドで撮った最初の集合写真。

なんていうか…こう、こんな車乗った黒づくめの男性たちが現実に居たら、なるべく関わらないように避けてしまいそうです。

でも実際、王子は誰の頼みもほいほい聞いちゃうお人よしだし、三人もそれぞれ優しい良いやつらなんですよね。もしかするとFF15とはわれわれプレイヤーへ「先入観で判断してはいけないよ」と伝えたいのかもしれない。(違う)

 

 

 

それはさておき、結婚式は海の向こうのオルティシエという街で行われるということで、レガリアが直った王子ご一行は船に乗るためにガーディナ渡船場を目指すそうです。と、言われてもオープンワールドなのにすぐ行くのはもったいない!

ということでモブハントを受けてみたり、宝箱や食材なんかを探してみたり、どー考えてもヤバそうなダンジョンを見つけてみたりと色々うろついてみました。

プレイ日記を書くきっかけになったのはそうした日々を写真という形でプロンプトが残してくれたから。キャンプやモーテルで一日の終わりに彼の写真を確認するのが楽しくて楽しくて…!気づけば10時間経過していました。へへ。

うちのプロンプトはグラディオラスを撮影している確率が他の二人に比べて圧倒的に高い!特に序盤はグラディオ祭りでした。

 

 

特にお気に入りなのはこの写真!背中だけでも絵になる男というだけでなくですね、この腹チラが個人的にツボなんです!!!この衣装、いつも前が全開でムッキムキの筋肉も素晴らしく眼福なのですが、この写真のお腹は柔らかそうじゃありません?

この僅かな丸みがグラディオの隙のようでもう堪らないんですよね!!!!

あー、グラフィックが進化すると、こんな幸せも見つけられるんですね。プロンプトありがとう!(鼻息)

 

 

 

寄り道を挟みつつ、レガリアの整備担当シドニー嬢から頼まれた品を届けにレストストップ・ランッガウィータへ訪れたご一行を黒くて可愛いわんこが待っておりました。

 

 

いつから待ってくれてたんだろう…。ダラダラ遊んでたことへ罪悪感を覚えてしまいました。

わんこが運んでくれたのは王子の婚約者であるルナフレーナからの手紙、というか交換日記?のような本。ムービーでは気づかなかったけど紙の端が黄ばんでいるので幼い頃から続けているのかもしれません。

最初は「女子小学生かよ!」って突っ込んでしまいましたが、紙のやりとりって素敵だなー。

ノクトが返事を書くとわんこは戻って行きました。気をつけて行くんだよ!

 

 

 

立ち寄ったレスストップにはケニーズ・クロウというファーストフードのお店がありました。

店先にはマスコットキャラクターっぽい大きなカラスくんが座っています。

 

 

カラス「まぁ飲めよ」

座れるからって文句も言わず大人しく腰掛けたノクト。可愛い。

 

 

 

本日はここまで。

次回はガーディナ渡船場入りからをお届けします。

 

最後に、スキルが上がって自分撮りできるようになったプロンプトくんの初写真でお別れしませう。

 

 

 

 

 

 

 

 

本人しか見えないーーー!!

 

 

 

 

comments(0)
<< カレイドイヴ | main | FINAL FANTASY 将后Chapter 1-2 >>
COMMENT