INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
FINAL FANTASY 将后Chapter 3-1

 

ダスカ地方は恐ろしいところだ。

 

パーキングから車に乗り込んだ瞬間、飛び出してきたチーター系モンスターの群れにボコられてしまいました。しかも攻撃するだけして森へ帰って行ったからね…。華麗なるヒット&アウェイ。とんだサファリパークに来てしまいました。

 

プロンプトの写真で振り返るFF15プレイ日記、今回はChapter 3からスタートです。

ネタバレご注意。

 

 

 

 

 

 

Chapter 3 広がる世界

 

新しいチャプターは帝国側のムービーから始まりました。

やたら指輪に執着する帝国の王様、ルナフレーナの兄らしいイケメン将軍、そして美女と他!(雑な説明)

指輪というのはルナフレーナの持ち物だと思うのですが、お兄さんはそれを狙う帝国側に居るという。どういうことなんでしょう。真意が気になるところです。

 

 

 

自分の生存が帝国にバレてしまったことも知らず、うちの王子は暢気にマスコットと写真撮影をしています。操作してるのは私ですが!

 

王都から逃げてきたグラディオの妹イリス嬢から連絡があり、レスタルムという街で合流することになりました。

地図を見ると現在地からレスタルムまでは随分遠い。イリス嬢には申し訳ないけど少し待って貰って、まずは広がった世界を見に行くことにしましょう。

 

 

 

 

新しい舞台であるダスカ地方は、水辺がほとんど無かったリード地方に比べると自然が豊かな土地です。釣りスポットがたくさんあるので王子も心なしか嬉しそう。

釣りクエストも発生したのですが、信じられないことに報酬のルアーを一投目で失ってしまいましたw

「ライン切れる切れるって外野うっせーなぁ」とか思ってて申し訳ありませんでした!!ラインの強度、大事。これ豆知識な。…失ったルアーはもう二度と手に入らないYO!!!

 

 

と、アホなプレイヤーの話はさておき、上の写真、なんか凄い生き物が湖に居ますよね?名前はカトブレパス。FFではお馴染みのモンスターです。

石化でパーティを苦しめるイメージがある強敵ですが、FF15では近づいても攻撃してこない大人しい性格のようで、一緒に写真を撮ろう☆とプロンプトから誘われました。好物で誘い出すからなるべく近くでポーズを撮ってね!とか、危険そうな提案を軽くするなよなー。乗るけど!

 

 

 

遠いっっ!!!

 

違うのです、違うのです!!決してビビりあそばした訳ではなく、4種類あったポーズを確認しようとボタン押したら撮影されてしまったのです!!!一枚しか撮れないなんて知らなかったんだよーー!

 

 

 

悔しかったのでセルフSS。カトブレパスはこの後もどんどん近づいて来て、とうとう陸に上がったので二人で逃げました。あー怖かった!(結局ビビり)

 

 

 

 

学者のおねーさんからまくし立てるように依頼されたカエル探しクエスト。これが一言で言い表すと地獄、でしたね〜。指定の地点に5匹いるカエルを5匹捕まえるというものですが、どこに居るのか全然分からない。最後の1匹がほんとにお手上げなほど分からなくてキャンプで一泊したもんね…。

 

 

 

クエスト消化しつつうろうろしていると、プロンプトからチョコボに乗りたい!と再び提案が。お前の頼みを聞くとロクなことにならねー!と心の中で毒を吐きつつも、やはりチョコボには乗りたい。チョコボポスト・ウィズという拠点へ出かけます。

 

 

 

か、かわいいいいいい!!!

チョコボいっぱいいるよー!!!!

 

 

 

チョコボ寝てるよーーー!!

屋根がないけど寒くないのでしょうか。

 

 

 

ノクト  「えっとレンタル期間は7日でいっか…」

イグニス 「待て、レガリアがあるのに毎日乗るのか?」

 

グラディオ「まだ眠ぃな」

 

※こんな会話はありません

 

 

 

拠点の中では元気いっぱいのチョコボたちですが、どうやらベヒーモスが付近を徘徊しているらしく、チョコボレースが開催出来ない状況なのだとか。討伐して欲しいとの依頼をほいほい受けた王子ご一行ですが、今のレベルでベヒーモス狩れるのですかね?

 

教えてもらった住処が岸壁に囲まれていて入り口が分からずぐるぐる回ったのはご愛嬌、無事潜入し、ターゲットの足取りを追います。

 

 

 

「やってるー?」

 

怖いんですけど、大きいんですけど!

どうやらターゲットは普通のベヒーモスではなく、隻眼で手負いのご様子。ドラム缶にファイアが当たったのかどうなのか分からないのですが、とにかく討伐は出来ましたー。大型モンスターって毎度迫力あるよね。

 

 

 

チョコボたちも元気になったようですし、めでたしめでたしということで今回はこれにておしまいです。

次回は…レスタルムに着くのかな?着くと思う。たぶん。

 

それでは恒例のプロンプトくん自撮り写真で締めましょう。

 

 

 

 

 

主人公とは…!

 

 

 

comments(0)
<< FINAL FANTASY 将后Chapter 2 | main | CHAOS;HEAD らぶChu☆Chu! Review >>
COMMENT