INFORMATION
LINKS
COMMENTS
  • 2013年乙女生活まとめ
    イロ
  • 2013年乙女生活まとめ
    Hinano
  • 9月も終わることですし
    イロ
  • 9月も終わることですし
    Hinano
  • 彼が私のラブリーベイベー
    イロ
  • 彼が私のラブリーベイベー
    ジュジュ
  • えりか☆マギカ
    イロ
  • えりか☆マギカ
    ジュジュ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    イロ
  • 華アワセ 蛟編 Review 1/2
    ジュジュ
剣が君 感想 螢


『剣が君』初周、螢攻略終了でございます。
優柔不断な私は攻略順を決められなくて、妹にあみだくじを作って貰ったという。

この作品を知った一年程前ですか、読さんの美麗なイラストの中で最も目を惹く存在だった螢。
彼がどうして剣取り試合に必死なのか、その理由に見当もつかないまま進んでおりましたが、個別ルートでは「そうだったのかー!」と衝撃の連続でした。
剣ルートと君ルート、分岐することでこんなにも二人の結末が変わってしまうのですね!
それぞれの結末に種類の違う涙を流しながら『剣が君』に一生ついて行こうと誓ったイロニハなのでした。
(まだ一人しか攻略してないけども)


以下、文字数が自重してない感想。
Read moreRead more arrow
comments(0)
2013年乙女生活まとめ


冬の元気なご挨拶!今年もまとめの季節がやってまいりました。

今年のロゴは進撃の巨人風にしてみました。
attack on tower of guilt.といった感じでね、積みゲータワーに進撃を試みた一年だったですし。

・・・ええ、嘘ですけども!
積みゲを崩すどころか、今年一年でめっちゃ積み上がってるんですけど…!?

今年を振り返ってみると、一年通して外にいる時間が長くてゲームを遊ぶ時間が少なかったように思います。
それなのに楽しみにしていた作品は発売日に届くように予約してしまって、結局追いつかずに罪の塔が聳え立つ始末。わたくしという人間は欲張りでございますね!

それでは、2013年に遊んだ乙女ゲームを作品別で振り返ってみましょう。


Read moreRead more arrow
comments(2)
神さまと恋ゴコロ Review

 
今まで過ごして来た教会の「愛」。それは、大いなる愛の中で守られる「純潔」。
今まで知らなかった初めての「恋」。それは、たった一人だけを想い続ける「純愛」。
あなたなら、どちらを選びますか?
こんな煽り文句を謳われると、許されない想いに身を焦がし、秘めた心に蓋をするもふと目が合うだけでbeat of youth.でもいけないわ!だって私はシスター。この愛は神さまに捧げるものなのだから…!
みたいなね、高鳴る胸を修道服で隠しつつもダダ漏れみたいなね、そういうの期待してました、わたし。
でも実際遊んでみたら割と緩かった。神様は大いなる御心でお赦しを下さいました。

恋の禁断さが希薄だったのは、主人公の思い悩む描写が少なかったからだと思います。
主人公の愛梨ちゃんはとても良い子。私だったら言わないような場面で謝ったりお礼を言うことが度々あり、「ああ彼女はシスターなのだ」とその眩しさに目を細めてしまいました。
そんな彼女だからこそ、どこか欠けた攻略対象たちが恋に落ち、彼女の愛が自分だけに注がれるのを望む展開は自然であったのですが、彼女自身の聖職者であることの葛藤が少ないために恋愛というよりカウンセリング…いや、立派な男性に育成するゲーム?とにかく恋している感じはあまりしなかったかな。

と、期待していた点では肩透かしを食らったのですが、登場人物や物語は優しく温かみがあり、普段殺伐としたゲームばかり遊んでいる自分にとって新鮮で癒しの作品でした。遊ぶ前より心が美しくなった気がする(単純)。

物語のボリュームはこれまで遊んだADVの中でも少ない部類に入るのだけど、「ありがとう」が最も多い作品だと思います。ちょっとした会話では省略されがちな一言をしっかりと添えていたので印象に残りました。
また、主人公と教会の人々、神父見習い組、誠司さんと昴、それぞれが優しい繋がりで、お互いを思い、支えあっている姿は素敵だなーと。

地味な作品だし、シミュレーションな為攻略が面倒ではありますが、クリアをすると心がほっこりした後に、自分の周りの人々へいつもより優しくしようかな?なんて思ってしまう。そんなゲームでした。
 
Read moreRead more arrow
comments(0)